アーカイブ

風俗体験入店おすすめ
体験入店

風俗新人は体験入店からがおススメ

大学生の就職活動ではしばしば「インターンシップ」というものが行われます。
やったことはなくても、「聞いたことある!」という方は多いのではないでしょうか。
これは、就職活動中の学生が就職を希望する企業で、体験的に仕事をするというものです。
学生側にとってはその企業の雰囲気を掴んだり、仕事内容そのものが自分に合っているかなどを知ることができます。
企業側にとっても面接だけでは分からない学生の人柄や能力を把握でき、先行して仕事も覚えてもらえることができます。
両者にとって得があって、つまりWINWINの関係というやつですね。
で、インターンシップという名前ではありませんが、似たような制度が風俗業界にもあるんです。
それは「体験入店」と呼ばれるもので、風俗業界のみならずキャバクラなどでも採用されている制度です。

体験入店って何?

kuykf
インターンシップと違って、漢字を見れば大体どんなものか想像はつきますよね?
本当に想像通りで、本採用の前に体験的に入店するというものです。
インターンシップと同じように、こちら側としては実際のお店の雰囲気や仕事内容そのものが自分に合っているかを計ることができます。
また「やっぱ辞めたい」となった時に本採用後だと言い出し難いものです。
体験入店の場合だと、終了後に次も出勤するかどうかの意思確認をされるので、合わないと思えばそこで断ることができるわけです。
お店側にとっても本採用してすぐ辞められてはたまったものではありません。
体験入店を通してその人がお店に合うか、仕事でお求めるパフォーマンスを発揮してくれるかを計ることができます。
なので、風俗業界では面接と体験入店は基本的にセットだと言えます。

給料もちゃんと出るんです!

最近はインターンシップでも給料を出すところもありますが、風俗の体験入店でもちゃんと給料は出ます。
出し方はまちまちで、本採用後と同条件の場合もあれば、体験入店専用の給料体系を用意しているところもあります。
どんな風に給料が出るかは求人や面接時にしっかりと確認を取りましょう。
またあまり褒められたことではありませんが、給料が出るので体験入店だけでいくつかの店を渡り歩き小遣い稼ぎをするという方法もあります。

体験入店までの流れ

tjjdjtd
体験入店をしたいと思った時は具体的にどうすれば良いのでしょうか。
「体験入店したいです」と応募するのではなく、まずは普通に求人に応募しましょう。
いきなり体験入店というわけではなく、大抵は面接後に体験入店という流れだからです。
求人には普通体験入店の有無が記されていますので、確認しましょう。
で、いざ面接の当日に、お店側から面接中か終了後に体験入店の意思を確認されます。
中には面接当日にそのまま体験入店のお店もあるので、そういう場合はすぐに働けるような準備(メイクや髪のセットなど)をしておきましょう。

メリットだらけの体験入店

求人をすみずみまで見たり、面接などで、ある程度はお店の雰囲気や仕事内容を把握することはできます。
とは言え、「やってみたら思っていたのと違った」ということはおうおうとしてあるものです。
それに面接で推し量れる雰囲気というのは表面上のものでしかありません。
もちろん体験入店をしたから完璧に100パーセント分かるというものではありませんが、体験入店をすることによってより具体的に理解することができるようになります。
その上給料も出るのですから、メリットしかないと言っても過言ではありません!

更新情報